効果的なクレンジングのコツ

subpage01

クレンジングには様々なコツがあります。


必要以上に強くこすらず、肌に優しくするというのが一般的です。
朝のクレンジングなら、ぬるま湯で洗うだけで良しとする人も。
ぬるま湯で余計な油分が取り除かれます。

また、オーガニックを謳ったもの以外では、液体や最初から泡状のものではなく、固形石鹸は無駄なものを含有していないところが人気です。
固形石鹸を使って洗う時に、泡立てネットは必須アイテムです。

クレンジングに関するご質問を解決いたします。

自分の手のひらだけで泡を作れる人もいますが、そんな手間は泡立てネットが省いてくれます。
たっぷりの新鮮な泡で優しく円を描くように頬もおでこも、くるくる洗います。

一周するように顔の縁を。

頬は鼻すじから外側へ力を入れずに泡が転がって行くイメージで。

顎は内側から外側へ。すすぎはぬるま湯で丁寧に石鹸が残らないように気を付けます。


洗った後にはたっぷりの化粧水で保湿します。
でも、この前に拭き取り化粧水をコットンにとって顔の縁などを特に注意して全体を拭きます。


これで石鹸カスがしっかり取れます。


カスを残さないことは重要です。優しく洗うが基本ですが、気合を入れて洗うところもあります。
鼻です。

いわゆる「苺鼻」は絶対避けたいものです。

この部分のクレンジング用にも様々な種類があります。



その中でも、おススメなのは、つけて洗うとホンワカ温かくなるジェル状のものです。
汚れを溶かし込んでくれます。


これもぬるま湯ですすぎます。



この後にも拭き取り化粧水で対応して終りでも良いのですが、加えて、シールの様に貼る鼻パックをすると、より完璧に溶かされた汚れも石鹸成分も取れます。