仮想化基盤の仕組みを理解して活用しよう

インターネットの技術が進歩したことで、様々なWEBサービスが誕生しました。

高速回線の普及に伴い、大容量のファイルのやりとりも可能になりましたし、スマートフォンの普及により遠隔地からのいろいろな操作が可能になっています。



そういったサービスを支えている技術として、仮想化基盤があります。この仮想化基盤の技術とは、OSと呼ばれるオペレーションシステムをソフトウェア上に再現することで、カスタマイズ性の高い環境を構築することが出来ます。
OSには接続されているCPUやメモリといったハードウェアがありますが、これも仮想化基盤の技術により、仮想環境上に再現することが可能です。

これらの仮想化基盤を使うメリットとしては、従来なら一つのサーバPCに一つのOSをインストールして、それぞれのCPUやメモリが認識されているという形でした。

それが、さらに仮想環境というレイヤー上にOSを含む一式を再現できるため、見かけ上は何台ものPCを同時に動かせることになります。

マイナビニュースのことならこちらのサイトが便利です。

レンタルサーバサービスでは 、一つのサーバをレンタルできるような貸し出しプランが存在していますが、仮想化基盤を使うと、自由なプラン設定で利用者に貸し出すことができます。

最小構成のプランから、贅沢な仕様のプランへの変更も容易にできるようになるので、レンタルサーバーシステムを運営する上での効率化にも貢献しているということです。



利用者にとっても運用規模にあったプランが選べるので便利になります。