仮想化基盤を使うとWEBサービス開発にも役立ちます

仮想化基盤の技術はサーバー業界でよく使われている技術で、ビジネスの世界では欠かせないものとなっています。

仮想化基盤を使うと、OSをソフトウェアの中で再現することで自由度の高い仮想環境を構築することが出来ます。

OSの仮想化をするメリットとしては、CPUやメモリ、HDDなどのハードウェアパーツを換装させること無く、容量を弄ることが可能なことです。



仮想化基盤は、OSだけで無くそれに接続されている物を全て仮想環境上で再現することが出来ますから、そのカスタマイズの自由度がとても高くなります。

WEBサービスの世界では、沢山のサーバ台数を必要としていて、それらの一つ一つのサーバが複雑に連携しあうことで、多くのアクセスを捌いています。このような複雑な仕組みを運用するためには自由度の高いサーバ環境が必要で、それらを実現するために仮想化基盤が役に立っているということです。

仮想環境として動作しているサーバを貸し出すタイプのレンタルサーバは、その中身を自由に弄ることが可能になります。
OSのシステムファイルを改編することも出来ますし、必要なプログラムを追加でインストールすることも出来ます。



そして、大規模なサービスを運用するためには、冗長性の確保が重要になってきます。局所的にアクセス負荷が掛かることが予想される場合に、一時的にサーバ台数を増やすことが必要な場面にも遭遇することがあります。

ジョルダンニュース!の情報が必要な方必見です。

サーバ台数を拡張できるようにするためにこのような技術が役立ちます。