仮想化基盤を使用するメリット

一般的に業務システムは一台のハードウェアにひとつのOSをインストールし、その上でひとつのアプリケーションを動作させるシンプルな構成が望まれます。
複数のアプリケーションを動作させてしまうと、障害が発生した際に問題点の切り分けが難しくなることや、アプリケーション更新のためハードウェアを停止させると問題のない別のアプリケーションも停止することになるからです。また、低負荷のアプリケーションを複数動作させる場合もハードウェアを分けていてはハードウェアリソースの空きがかなりの無駄になってしまいます。

そこで生まれた考え方が仮想化基盤です。

仮想化基盤は一台のハードウェア上のOSにインストールするソフトウェアです。
このソフトウェアはベースにあるハードウェアを仮想化することで、ソフトウェア上に複数の空のハードウェアを作り出すことができます。

つまり、一台のハードウェア上に複数のOSを同時にインストール、動作させることができます。また、このOSは異なる種類のものでも構いません。

結果として、物理ハードウェアは一台ですが、ひとつのOSにひとつのアプリケーションの構成を複数作ることができます。



仮想化基盤によって並列動作しているOS群はそれぞれ独立しているため、ひとつのアプリケーションを更新する場合でも他のOSに影響を与えることなく仮想ハードウェアの再起動で作業が完了します。



また、比較的規模が小さいシステムをまとめることでハードウェアのコストを削減できるなどのメリットもあります。

産経ニュースに関して悩んだら、是非お試し下さい。