仮想化基盤の技術は個人利用でも役立ちます

仮想化基盤の技術を使うと個人のプログラム開発やWEBサービスの開発にも役立ちます。
この仮想化基盤の技術とは、ソフトウェア上でOSの動きを再現することが出来るため、複数の異なったOSも自由に同時起動することが可能です。

仮想化基盤は主にサーバー業界などのビジネスの世界大きく広がっている技術で、 その利用用途はプロ向けと思われがちですが個人でも利用できます。
仮想環境を構築するためのアプリケーションは無償でダウンロード可能になっていて、誰でもコストを掛けずに利用できることが特長です。



個人でプログラム開発をしているときには、仮想環境で動くOSを用意することで、メイン環境とは別の環境上でプログラムの動作実験を行うことが出来ます。


これにより、わざわざ別のパソコンを調達しなくても済むため、費用の節約もできますしパソコン本体を置く場所にも困りません。

魅力的なBIGLOBEニュースについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

OSを仮想化することの大きなメリットの一つとして、仮想環境内のプログラムの影響範囲は仮想環境内に留まるということです。



このおかげでプログラムが致命的なバグを抱えていても、メイン環境には栄養を与えないため、リスク無く動作実験できることになります。

仮想環境上ではサーバOSを動かすことも出来ますから、WEBサーバを仮想環境内で立ち上げて、類似的にメイン環境からポートを通して仮想環境へ接続することが可能です。

その機能を使ってWEBアプリの動作実験をすることも実現できます。